樋井紅陽 その他に闇金の取り立てがすぐにおさまる

Pocket

闇金対策を解決長崎地方・家庭裁判所大村支部
四六時中頭の中は借金返済の事でパンパンな状態になっていることと推察します。まっとうに暮らしていても経済的に余裕が無くて困っている人はかなりいるはずです。なのに、借金にさらに借金を繰り返してしまい、その結果闇金にまで手を出してしまったのでは、現に生きた心地すらしないでしょう。
闇金業者による取り立ての大声であったり、返済督促の電話がかかってきて、出なければ何度も繰り返しかかってきたり、TELに出れば出たで、保険金で返済しろとまで言われてみたり、テレビドラマのような悲惨な光景を思い浮かべますが、現実にある話なんですよね。
ですが、このような迷惑行為は違法なので、血の気が引くかもしれませんが言いなりになる必要が無いんですよ。ハナから、設定されている利率自体が違法なのですから。とは言っても、たった一人で闇金業者に正面から立ち向かうのは、特別な勇気と専門的な知識が必要なので、普通の人は無理な話です。

ならばどのようにすればよいでしょうか?

それは、闇金問題のスペシャリストの弁護士や司法書士に、闇金業者の違法行為を止めてもらうよう助けを求めればよいのです。
ほんのちょっとの勇気がいりますが、司法書士や弁護士に電話をかければ良いのです。電話が繋がればこっちのもの、今、自分の借金の状況をざっくりと話してください。世間体なんて全く気にしないでください。こんな感じです。
「闇金と思われるところから借金をしていて、高い利率で支払いが間に合っていなくて、毎日のように、非人道的な手段の取り立てで夜も眠れません」
という雰囲気で、しっかりと伝えるだけでよいのです。電話の向こうの司法書士や弁護士は、あなたの企図をしっかりと読み取ってくれます。そして、明日になればウソのように取り立ての電話が無くなりますよ。

夜逃げするとか考える必要ありません。死のうなんて絶対ダメです、ヤメてください!あなたのやらねばならないことは、闇金問題を専門に扱っている司法書士や弁護士に相談することなのです。胸に刻んでおいてください。死ぬとか逃げるとかよりもはるかに楽勝です。知らない人と話をするというちょっとした勇気だけが必要なだけです。想い返してください、お金を借りた時なんか、知らない会社に行って知らない人と話をしていますよね。そのときに比べたら、今することは、あなたを援護してくれる人にTELするだけです。全然問題ないですよ。いささかの勇気で昔見た明るい明日をなにがなんでも取り戻してください。

About the Author

ゆめ巫女